Angularの特徴をまとめてみた

スポンサーリンク

Webのフロントエンドを構築する上で、JavaScriptは欠かせない技術となっています。

近年、Webアプリケーションの規模が大きくなっていることから、JavaScriptのフレームワークを利用して製造を行う機会が増えてきました。

フレームワークとは、「枠組み」や「構造」という意味を持ちます。

フレームワークを活用することによって、0からアプリを作る必要がなくなり、効率よく開発を行うことができます。

フレームワークの種類は多く、今回は海外で人気の高いフレームワークの一つである、Angularについて特徴をまとめていきたいです。

お役に立てればと思います。

AngularはGoogleが開発しているJavaScriptのフレームワークです。

また、Typescriptベースのフレームワークとも言えます。

 

静的型

静的型を定義することができます。コンパイル時のエラー検知が楽になります。潜在リスクを表面化することが可能になります。

 

SPA

SPA(Single Page Application)は、単一のページで動的にコンテンツの入れ替えを行うアーキテクチャです。このSPAを構築するためにAngularは有効的です。

 

フルスタック

Angularはフルスタックなフレームワークであり、これ一つでフロントエンド側の処理を構築することが可能になります。

 

コンポーネント

Angularは、複数のコンポーネントを重ね合わせたり、組み合わせたりすることによって画面を構成していきます。1つのコンポーネントには、html,css,tsファイルを定義します。コンポーネントに分けることによって、再利用性などが高まることが期待できます。

  

双方向データバインディング

入力値と表示をバインドさせたいときに、それを実現してくれます。バインドとは、結びつけるという意味を持ちますので、例えば、フォームに名前を入力した場合、その入力値をサーバ側と通信することなく、ページに動的に表示させることができます。 

 

CLI

Angularでは、Angular CLIというコマンドラインツールを提供しています。このツールを利用することによって、コンポーネントの作成や、ビルドなどが簡単にでき、効率的に開発を行えます。

 

人気について

google Trendsでキーワードベースでの人気を確認してみました。

キーワードベースなのであくまでも参考程度ですが、Angularは他の有名なJsのフレームワークを比較しても人気が高いことがわかります。

参考 : https://trends.google.co.jp/trends/?geo=JP

 

まとめ

今回は、人気の高いJavaScriptフレームワークであるAngularについてまとめてみました。フロントエンドを構築する際には、とても有効的なフレームワークだと考えます。少し話は脱線しますが、近年、Webの世界でできることは増えてきています。そんな中、従来のようなモノリシックアーキテクチャで構築するより、各機能を疎結合にするマイクロ化が進んできています。その際フロントエンドとバックエンドを分離させる際に、Angularは有効的だと感じました。今後もAngularに注目していきたいです。

Angular
スポンサーリンク
エンジニアの日記