Webエンジニアに必要なスキル

スポンサーリンク

はじめに

Webエンジニアに必要なスキルを私なりにまとめてみました。

Webエンジニアに興味がある人などご参考にしていただければと思います。

Webエンジニアの役割とは?

本題に入る前にWebエンジニアの役割について私なりにまとめました。

さて、Webエンジニアってどんな役割を担うのでしょうか?

さまざまな意見がありますが、

私が考えるWebエンジニアの役割は、ポータルサイトやWebアプリ、Webシステムを開発する際に、要件定義・設計からプロダクトのリリースまでを責任もってやり遂げるという役割です。

WebアプリやWebサイトの開発案件は、基幹システムの開発案件を比較すると、小規模なものが多く、少人数体制で開発をする場合が多くあります。

その場合、Webエンジニアもコーダーとしての役目だけでなく、要望定義・設計のフェーズから技術視点で議論に加わり、支援することによって、案件全体の生産性が向上します。

例えば、要件定義のフェーズから実装者が打ち合わせに参加して議論に加わることによって、実装者がお客様のWebシステム導入の背景を理解したうえでコーディングできます。

また、実装者目線で性能懸念を指摘したり、お客様から「軽微な機能変更をしたい」と言われたときに、瞬時に実装者視点で見積りを口頭で伝えたりすることができ、後工程の手戻りが少なくなる場合があります。

この理由から、Webエンジニアの役割は、コーデイングに特化するよりも、もっとより幅広い領域をカバーしていくことが求められてくると考えます。

そのうえで、Webエンジニアにはどんなスキルが求められるのでしょうか?

Webエンジニアに求められるスキル

文章力、表現力、語彙力

WebアプリやWebシステムの仕様を検討する中で、必ず課題が出てきます。

その課題を一覧表などに記載して、お客様に回答を求めることがありますが、文章力や表現力、語彙力が不足していると、誤解を与えてしまいます。

その結果、意図した回答が返ってこない場合があります。

私も文章を書くことはあまり得意ではないので、口頭補足が必要になってしまう場合があります。

ただ、いつ何時口頭でやり取りができるとは限らないので、文章力は高めていきたいです。

また、異なる事例で説明すると、

コーディングする中で、コメント文を記載する機会が多々あります。

コメント文とは、ある処理をプログラムで書いた際に、第三者がプログラムを読まなくても書に内容を理解できるようにするために記載するものです。

複雑な処理などを簡潔に文章にまとめるのは、意外に大変です。

なので、文章力、表現力、語彙力はコーディングをする上でも必要不可欠だと感じます。

Git操作スキル

Gitは、ファイルの変更履歴を管理してくれるシステムです。

なぜ、Git操作スキルが必要かといいますと、

Gitを利用して資材管理をするほうが開発の効率が上がるためです。

そのために最低限の操作能力は獲得しておいたほうが良いと思うからです。

Gitを利用するメリットの一つは、ファイルの差分箇所を示してくれることです。

開発のルールとして、自分で書いたソースコードは必ず第三者にレビューをしてもらいます。

このソースレビューを依頼する際に、gitを利用していれば、改修前と改修後を比較してくださいという依頼だけで済むのです。

他のメリットを挙げると、

例えばアジャイル開発を進めていく中で、ブランチをバックログ単位に分けておけば、

リリース時に柔軟にリリース資材を作ることができます。

ググるスキル

開発を行っているとわからないことがたくさんでてきます。

それらは、大抵はほかのだれかが解決してくれている内容です。

なので、ある程度考えてわからなければ、ググって考え方を学んだほうが良いです。

そのためには、素早く良いコンテンツにたどり着くことが大切です。

日頃から、ググるやり方は工夫したほうが良いと考えます。

インフラ知識

インフラ知識が必要な理由は二つあります。

一つ目は、バグが見つかった際に、アプリ側に問題があるのか、それともインフラ側に問題があるのかを切り分けるために必要になります。

二つ目は、開発環境を構築する際に、自身でWebサーバやDBサーバを構築する機会があります。

従って、インフラ面の知識も必要だとある程度必要だと感じております。

情報収集

直接メリットを感じない場合もありますが、情報収集は非常に大切だと感じます。

情報源は何でもよいと思います。例えば、雑誌、本、セミナー、Webサイトなどなど。

とにかく、いろんなことを吸収して、わからないことがあったら、浅くでよいので調べておくとよいと思います。

突然必要になることがあるかもしれないので!

まとめ

私なりにWebエンジニアの役割と必要スキルをまとめてみました。

冒頭に申し上げた通り、考え方は多岐にわたります。特に必要スキルに関しては。

このような考えを持っている人もいるだ程度に思っていただければと思います。

以上、最後までお読みいただきありがとうございました。

働き方
スポンサーリンク
エンジニアの日記

コメント