php artisan make:migrationの使い方

Laravel
スポンサーリンク

php artisan make:migrationの使い方についてまとめておきます。

php artisan make:migrationとは

php artisan make:migrationはマイグレーションファイルを作成するコマンドです。

マイグレーションとはデータベースのバージョンコントロールのような機能です

https://readouble.com/laravel/5.5/ja/migrations.html

例えば、定期期にテーブル構造が変化するプロジェクトで、過去のテーブルの状態に戻したい状況が発生した場合、記憶しておくかメモしておく必要があります。

ただ、正確に戻せるかどうか不安な点もあります。

そこでマイグレーション機能を使ってテーブル構造の変更を行って行けば、変更履歴がファイルという形で残ります。

またファイル名に日付が付与されるため、いつ何をしたのかがわかるようになります。

さらに、ロールバックコマンド(php artisan migrate:rollback)も用意されているため容易にテーブル構造を過去の状態に戻すことが可能になります。

php artisan make:migrationの使い方

Laravelプロジェクトに移動後、以下のコマンドを実行してください。

○新規にテーブルを作成したい場合

$ php artisan make:migration create_{テーブル名}_table --create={テーブル名}

実行すると、database/migrations/ フォルダに年_月_日_時_create_{テーブル名}_table.phpというファイルが作られているかと思います。

これがマイグレーションファイルになります。

マイグレーションはupdownの2メソッドを含んでいます。upメソッドは新しいテーブル、カラム、インデックスをデータベースに追加するために使用し、一方のdownメソッドはupメソッドが行った操作を元に戻します。

https://readouble.com/laravel/5.5/ja/migrations.html

新規作成の際にはupメソッドが呼ばれます。

upメソッドの中には最低限のことしか書かれていないので、カスタマイズしてください。

○カラムを追加したい場合

$ php artisan make:migration add_{追加したいカラム名}_to_{テーブル名}_table --table={テーブル名}

実行すると、database/migrations/ フォルダに年_月_日_時_add_{追加したいカラム名}_to_{テーブル名}_table.phpというファイルが作られます。

その他は新規作成時と同じになります。

テーブルの新規作成とカラム追加以外の方法を知りたい方は公式マニュアルをご参考にください。

データベース:マイグレーション 5.5 Laravel

以上です。

Laravel
スポンサーリンク
エンジニアの日記

コメント