artisan serveの使い方

Laravel
スポンサーリンク

php artisan serveの使い方について解説致します。

php artisan serveとは

php artisan serveはLaravelサーバを起動するためのコマンドです。

使い方

Laravelプロジェクトに移動後、以下のコマンドを実行してください。

$ php artisan serve

実行すると、以下のようなメッセージが表示されます。

Laravel development server started: http://{ホスト名}:{ポート番号}

最後に、http://{ホスト名}:{ポート番号}にアクセスしてみてください。

このような画面が表示されれば正常に動いております。

もし動かない場合は、オプションを指定してみてください。

–host=$IP 明示的にホスト名を指定する。

–port=$PORT 明示的にポート番号を指定する。

$ php artisan serve --host={自身のホスト名} --port={自身のポート番号}

以上になります。

Laravel: Up & Running: A Framework for Building Modern PHP Apps (English Edition)
Amazon.co.jp: Laravel: Up & Running: A Framework for Building Modern PHP Apps (English Edition) 電子書籍: Stauffer, Matt: 洋書
動かして学ぶ!Laravel開発入門
Amazonで山崎 大助の動かして学ぶ!Laravel開発入門。アマゾンならポイント還元本が多数。一度購入いただいた電子書籍は、KindleおよびFire端末、スマートフォンやタブレットなど、様々な端末でもお楽しみいただけます。

Laravel
スポンサーリンク
エンジニアの日記

コメント