Laravelで404系のエラーページをカスタマイズ

Laravel
スポンサーリンク

存在しないページにアクセスした場合、以下のようなLaravelのデフォルトのエラーページが表示されます。

これを独自のエラーページに切り替えたいと思い試行錯誤して何とか実現できたので、そのやり方をまとめたいと思います。

結論から言いますと、resources/viewsの中にerrorsフォルダを掘り、その中に404.blade.phpを作成することで独自のエラーページを表示することが可能になります。

ちなみに、例外をレンダリングしている場所は、app/Exceptions/Handler.phpのrenderメソッドでございます。

以下、Handler.phpのソースコードを抜粋

    /**
     * Render an exception into an HTTP response.
     *
     * @param  \Illuminate\Http\Request  $request
     * @param  \Exception  $exception
     * @return \Illuminate\Http\Response
     */
    public function render($request, Exception $exception)
    {
        return parent::render($request, $exception);
    }

Laravel
スポンサーリンク
エンジニアの日記

コメント