業務でよく利用するGitコマンド

Git
スポンサーリンク

日頃開発を行う中で、よく利用するGitコマンドを書き出してみました!

  • addコマンド
  • diffコマンド
  • commitコマンド
  • mergeコマンド
  • stashコマンド
  • resetコマンド

addコマンド

ワークツリーからインデックス(ステージングエリア)に変更箇所を移動する時に利用するコマンドでございます。

「変更箇所をステージする」と正式には言うみたいですが、私は「変更箇所をaddする」と普段言っています。

使い方は以下になります。

git add {対象ファイル}

diffコマンド

ワークツリーとインデックスを比較して、その差分を表示するコマンドでございます。

使い方は以下になります。

git diff

また、「–cached」オプションを付加することによって、インデックスとローカルリポジトリを比較することもできます。

git diff --cached

よく利用するのは後者ですね〜、addコマンドを実行した後(commitを実行する前に)変更が正しく行えているかを最終チェックする際に利用しております。

commitコマンド

インデックス(ステージングエリア)に運んだ変更箇所をローカルリポジトリにコミットする際に利用するコマンドでございます。

使い方は以下になります。

git commit -m "〇〇の対応"

-mオプションを付加することによってコミットメッセージを指定することが可能になります。

-mオプションを付加しなければ、エディタが起動しますので、コミットメッセージを入力して保存します。

mergeコマンド

例えば、Aブランチに対してBブランチの作業内容を結合させたい時に使用するコマンドでございます。

チームで開発を進めていくと必ずと言っていいほど必要になるコマンドです。

使い方は以下になります。

マージ先のブランチに切り替える
git checkout A

その上で、Bブランチをマージする
git merge B

stashコマンド

コミットはせずに変更箇所を退避したい時に利用するコマンドになります。

使い方は以下になります。

●変更を退避する
git stash save
●退避した作業の一覧を見る
git stash list

コマンドを実行すると以下のように退避された履歴が表示されます
stash@{0} ...
stash@{1} ...
stash@{2} ...


●退避した作業を戻す
git stash apply stash@{0}

「git stash list」コマンドを実行して表示された履歴から戻したい番号を選択できます。

resetコマンド

誤ってステージ(add)してしまった時に役立つのがresetコマンドです。

resetコマンドを使用することによって、一度インデックス(ステージエリア)移動したファイルをワークエリアに戻すことができます。

言い換えればaddを取り消すことができるということです。

使い方は以下になります。

特定のファイルを取り消したい時はファイルパスを指定する。
git reset HEAD [ファイルパス] 

全てのファイルを取り消したい時は
git reset HEAD

Git
スポンサーリンク
エンジニアの日記

コメント