centOSにcakephp3.8をインストール

スポンサーリンク

centOSにcakephp3.8をインストールする機会がございましたので手順を備忘録として残しておきます。

前提条件

  1. centOSがインストールされていること
  2. php5.6.0以上がインストールされていること
  3. curlがインストールされていること

念のため、確認コマンド載せておきますので、必要であればインストール有無の確認にご利用ください。

centOS:cat /etc/redhat-release
php:php --version
curl:curl --version

ちなみに、私は下記の環境で実施しました。

  1. centOS 7.6.1810
  2. php 7.2.22
  3. curl 7.29.0

Composerをインストールする

CakePHPをインストールする前に「Composer」をインストールします。

ComposerはPHPの依存関係管理のためのツール です。

Composerを使用することによって、cakephpに必要なライブラリ群が自動でインストールされます。

//インストーラーを現在のディレクトリにダウンロードします。
php -r "copy('https://getcomposer.org/installer', 'composer-setup.php');"

//インストーラーのハッシュを確認する。
php -r "if (hash_file('sha384', 'composer-setup.php') === 'a5c698ffe4b8e849a443b120cd5ba38043260d5c4023dbf93e1558871f1f07f58274fc6f4c93bcfd858c6bd0775cd8d1') { echo 'Installer verified'; } else { echo 'Installer corrupt'; unlink('composer-setup.php'); } echo PHP_EOL;"

//インストーラーを実行します。
php composer-setup.php

//インストーラーを削除します。
php -r "unlink('composer-setup.php');"

引用元: https://getcomposer.org/

composer.pharが生成されていると思います。

composer.pharをそのまま利用してもよいのですが、実装の際にcomposer XXXという形式でコマンドを実行したいため、

composer.pharを「/usr/local/bin/composer」に移動してパスを通しておきます。

mv composer.phar /usr/local/bin/composer

CakePHPプロジェクトの作成

composerをインストールしましたので、さっそくCakePHPのプロジェクトを作成していきます。

と、その前にphpのintlモジュールが有効化されているかを確認してください。

筆者はこのモジュールがインストールされていなくて結構詰まりました…

本題から脱線しますが、確認コマンドを下記に記載しておきます。

インストールされているよ!という方は読み飛ばしてください。

php -i | grep intl

有効化されていれば、下記のようなメッセージが表示されます。

intl
intl.default_locale => no value => no value
intl.error_level => 0 => 0
intl.use_exceptions => 0 => 0

表示されていなければ、有効化されていないということなので、下記を実施して有効化してください。

//まず初めにインストール可能なintl検索
yum list | grep intl
//自身の環境に適したintlをインストール
yum install php72-php-intl.x86_64

最後に、php.iniに「extension=/opt/remi/php72/root/usr/lib64/php/modules/intl.so」を追記してください。

以上で、intlの有効化は完了です。

今一度、「php -i | grep intl」で確認してみましょう。

話を本題に戻します。

下記のコマンドを実行してCakePHPのプロジェクトを作成していきます。

※「myApp」というプロジェクトを作成した例になります。

composer create-project --prefer-dist cakephp/app myApp

ブラウザにアクセスして下記が表示されていれば成功です!

お疲れさまでした。

CakePHP 未分類
スポンサーリンク
エンジニアの日記

コメント