在宅勤務(テレワーク)は人生を豊かにしてくれるのか?

スポンサーリンク

結論から申し上げますと、人生を豊かにする余地は十分にあると感じます。

具体的にどのように豊かになるのかについてご紹介したいと思います。

感染症を避けられる

コロナウイルスが蔓延し通りすがりの人みんなマスクを着用するようになりました。

勤務先でもマスクが必須になりました。

でも、マスクや手洗いうがいは最低限の予防にすぎません。

感染症から身を守るためには外出しないことが一番だと思います。

しかし、我々サラリーマンは会社に出勤しなければなりません。

多くの人は出勤するために密室空間である電車に乗らなければならないのです。

ひと昔なら当然のことだったと思います。

しかし、技術が進歩した今ならテレワークという選択肢がございます。

外出する頻度を抑えることができます。

テレワークのおかげで感染症から身を守ることができるかもしれませんね。

通勤時間が発生しない

正直言いますと、これが一番だと感じました。

東京で勤務されている方で、比較的勤続年数が少ない人だと、年収は350~450万くらいだと思いますが、

この年収で都内に住むのは意外とハードルが高いです。

ゆえに、ベットタウンである神奈川や埼玉などに住むことが多いと予想します。

また、勤続年数が多くなるにつれて、一軒家やマンションを購入する割合が多くなりますが、

都内の一軒家やマンションを購入するのは、サラリーマンだと難しいのではないでしょうか?

この場合も、ベットタウンに拠点を構えると予想します。

そうなると、通勤時間がドアtoドアで40分~90分くらいになるかと思います。

ちなみに、私は埼玉に住んでいて、職場が都内だったため、通勤時間が ドアtoドア で100分でした。

周りの方々も平均50分くらいでしたね。

正直、かなりしんどかった記憶があります。

一日で、3時間以上もの時間を通勤時間として奪われてしまいました。

一週間で、16時間以上ですよ。もったいない。

これは極端な例ですし、通勤時間を勉強や読書といった自己啓発に費やすという考え方もあります。

しかし、満員電車の場合は正直それどころじゃありません。

都内に向かう電車だと、通勤ラッシュのせいもあり、車内人口密度が非常に高いです。

僕の場合、密室空間に大勢で過ごすのが苦手なので、ストレスの一つになります。

在宅勤務だと家で仕事を行うため、当然ながら通勤する必要がありません。

通勤ラッシュに巻き込まれなくて済むのです。

最高です!

そして、もう一つ利点があります。

それは朝遅くまで寝てられるのです。

朝の時間はとても貴重なので、ありがたいですね。

私も含め通勤時間がストレスの一つの要因になっている方が多いのではないでしょうか?

そのような方々には、テレワークを強くお勧めします。

災害時に新しい選択肢

台風が関東を直撃すると、タワーマンションの一階が水没してエレベーターが動かなくなったり、電車が運休することもざらにあります。

そんな時は有給を削ってお休みを頂くか、無理やりでも出勤するかだと思います。

しかし、予定もないのに有給を削りたくないですし、無理やり会社に行くのはとても危険で気持ちが萎えます。

こんな災難な日には在宅勤務がとても有効だと考えます。

インターネットさえ繋がっていればお仕事ができるのです。

駅のホームで待つこともしなくてよくなるのです。

質の高い休息

生産性の高い仕事を行うためには、質の高い休憩が大切です。

長時間集中力を保ち続けるのは、超人でない限り不可能です。

人間の集中力は多くて90分だと言われていますが、実際はもっと少ないのではないでしょうか?

正直、会議90分なんて集中力持ちませんし、プログラミングは30分集中したら一息入れたいです。

私は、具体的な時間は決めていないですが、集中力が薄れてきたなと感じたら積極的に休憩を取るようにしています。

休憩の間は目を閉じて脳の働きを完全に停止させたいです。シャットダウンしたいんです。

ただ、ほかの人の視線もありますし、なかなか実行に移せません。

在宅勤務は、それを実現させてくれました。

他人の目を気にする必要はありませんし、邪魔されることもありません。

完全に思考をシャットダウンできます。

これによって、仕事の効率が良くなったと感じています。

まとめ

在宅勤務は、我々の社会人生活を大きく変えるきっかけになると私は考えます。

業種によっては、取り入れることによって生産性が高まることが期待できるのではないでしょうか?

働き方
スポンサーリンク
エンジニアの日記

コメント